転職体験談

就職を決めた理由

前職は味の素という食品メーカーで経理を担当しておりました。

その前職は新卒で日本興業銀行(現みずほ銀行)に就職し、主に国際市場部門でディーラーや本部機能(各種計数の取りまとめ、報告書の作成、関係官庁との折衝など)を担っていました。

味の素での業務は、経理の基本的な業務(原価計算、連結決算処理、資金調達などの財務業務)から資金効率化施策(キャッシュマネジメントなど)の導入といった重要な仕事まで任せて頂き、相応に充実はしていました。

ところが、味の素での業務に慣れつつあったことも大きいと思われるのですが、やはり銀行員時代の業務の幅広さや奥深さに比べてしまうと正直刺激が少ないと感じざるを得ませんでした。

また、私自身が若かったせいもあるのですが、味の素という伝統的な日本のメーカーでの前例主義、あまり冒険をしないスタンス(例えば、邦銀とだけ取引をしていて外銀との取引を断っていました)に若干嫌気が差していたこともありました。

そこに銀行員時代に一緒に仕事をしたことのある旧アンダーセン(朝日監査法人)のパートナーから、新しく企業財務コンサルティングの組織を立ち上げるので手伝って欲しいと誘われました。

これまでの金融と財務経理の経験が役に立つのであればと、また新しい組織で仕事ができる、という思いから、転職を決意しました。

仕事内容

30代半ばになってからのコンサルタントとしてのキャリアスタートだったので当初は幅広くどのような仕事でもやっていました。

企業財務関連の仕事を得るために(見込み)クライアントへの訪問営業(含むアポ取り)、営業資料の作成、(コンペに招かれた際には)プレゼン資料の作成、講演会資料の作成、などを担当していました。

また、最初のうちは、金融機関向けの内部監査業務や年金関連コンサルティングといった上長が獲得してきた仕事を手伝う形で業務を行っていましたが、2年目以降は自分でも案件(仕事)を獲得してデリバリーまでこなすスタイルを定着させることができました。

業界の実情

監査法人、コンサル業界は、その業務内容から、何時になれば仕事が終わるというものではないことは今でも基本的には変わらないと思います。

(当時よりは労務上のルールが厳しくなっているとは思いますが)

また私が所属していた組織はできたばかりの組織だったこともあり、同業他社に比べても、労働時間が長くなっても質も高い仕事を目指す、という状態だったので、心身ともに大変ハードでした。

ただ当時のアンダーセンは非常に結束力が強く、通常他の国の事務所に仕事の協力を依頼するとそれは○○円かかります、というようにビジネスライクに話が進むことが多いのですが、アンダーセンでは貸し借りのように今回無料で協力するから次回はこちらの仕事を手伝ってください、というようなワン・ファームと言われる文化が根付いていました。

勤続年数と年収

入社当初はシニアコンサルという下から2番目の役職だったので基本給680万円+残業代でした。

ただし残業代は青天井だったので、多い月には基本給と同額くらいの残業代を支給されていました。

2年目にマネージャー、4年目にシニアマネージャーに昇格したので、最終的には1,350万円の年収となりました。

同業他社で比べると決して安くはない年収だったのではないかと思います。

その頃は、羽振りもよかったので既婚者ながら恋愛した頃でもありますね。

途中でアンダーセンは消滅してしまいましたが、その後あずさ監査法人に勤務していたらパートナーに昇格していると思いますので、年収1,500万円以上はキープしていたかもしれません。

身に付いたスキル

コンサルとしてのものの見方(例えば自分が伝えたいことを資料に落とすのではなく、クライアントが求めているものを資料に記載するべき)は身に付きました。

一つの事象でも複数の観点から分析するという考え方は今でも役に立っています。

この会社(業界)で働いて良かったこと

優秀かつ尊敬できる方が多く現在でもお付き合いをさせて頂いている方が多くいます。

専門的な知識だけでなく、グローバルな経験を踏まえたアドバイスには今でも感謝しています。

この会社(業界)で働いて悪かったたこと

長時間働くことを当たり前と感じるようになってしまったことは大いに反省しています。

9.辞めた理由(まとめ)

コンサルタントとしての業務はハードではありましたがやりがいもあり面白かったです。

ただ、アンダーセン消滅後は、ワン・ファームのような風土がなくなってしまったことも事実でした。

そのような状況の中で、会社の外部からコンサルタントとして意見を述べることに留まらず、経営の一員として企業内部で事業の舵取りをしてみたいという気持ちが強まったことから、一般事業法人の経営管理部門への転職を決意しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする